地域連携

中国労災病院登録医制度について

制度の趣旨

中国労災病院では、平成19年10月から登録医制度を開始しました。この制度は、当院と地域のかかりつけ医が、連携して1人の患者の治療や経過観察に当たる「二人主治医制」を実施することを目的としています。
これにより、当院と登録医が役割分担を明確にしつつ、より連携を緊密なものとして、その患者の診断から治療、経過観察まで地域で一貫した医療を提供できる体制を構築することを目指していきます。

登録医になっていただいた先生方にとってのメリット

  • 登録医療機関からの紹介を優先的に受け、また、登録医療機関への逆紹介を優先的に行います。
  • 登録していただいた医療機関名をプレートに記載して、当院の「連携ボード」に掲示します。
    これにより、登録医療機関と当院が連携して診療をおこなっていることを患者に明示します。
  • 開放型病床を設置します。紹介した入院患者を、当院主治医と共同して診療に当たっていただくことができます。
    また、入院中の状態が把握できるため、退院後の診療にスムーズに移行できます。
  • 図書室(文献検索サービス等)、休憩室、ロッカー、駐車場、白衣等の病院の施設等が利用できます。
  • 当院の高額医療機器を簡単な手続きで使用していただけます。

患者にとってのメリット

  • 登録医(かかりつけ医)での診療と、病院での、より専門的な診療を継続して受けることができます。
  • 入院後もかかりつけの先生から診療を受けることが可能となり、より一層の安心感を得ることができます。

登録医の申請方法

登録医となることを希望される方は、登録医申請書(様式1)に必要事項を記入していただき、直接、当院地域医療連携室まで郵送等によりご提出ください。

PDFファイルを見るためには
Adobe Readerが必要です。
登録医制度に関するお問い合わせ先
独立行政法人労働者健康安全機構 中国労災病院 地域医療連携室 TEL(0823)74-0321 / FAX(0823)74-6260

サイトマップ

ページ上部へ