診療科・診療支援部門

精神科

医学は発達し診断や治療は目覚しい発達をとげていますが、
精神科や精神疾患に対する誤解や偏見は少なからず残っています。

そのため当科に対するイメージは千差万別で、心の問題に困っていても受診に戸惑っている方を見受けます。 その背景には精神的な問題はある特定の人に発病するという考えがあるからだと思います。しかし現代はストレスの時代といわれ、心理社会的な問題をきっかけにして心の問題を生じることもあり、このようなことは現在では誰でも経験する可能性があると思います。

精神科は現代病といわれるストレス関連疾患や心の問題に悩んでおられる方に気軽に相談できるように配慮しています。またストレス関連疾患や心の問題の診断、治療とケアに力をいれています。

心の問題は他科の疾患と異なり最新の医療機器で検査、診断や治療はできません。そのため心の問題で悩んでおられる患者さんの話をよく聞き、問題点を全人的に把握して診断します。傾聴することが治療やケアにつながります。患者さんの話を傾聴しなければ何も出来ません。

精神科の治療はカウンセリング等の精神療法だけでなく薬物療法も重要です。精神科の薬は薬物中毒になりやすいと思われていますが、主治医と相談しながら服薬するとそのようになることはありません。

スタッフ一覧表

常勤医師不在のため、現在休診中です。

サイトマップ

ページ上部へ