診療科・診療支援部門

神経内科

神経内科 部長 北村 健

神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋肉などに生じた病気や異常を診断して治療する診療科です。

診療対象となる病気は下記のとおりです。

1
脳血管障害(脳卒中)
2
頭痛・疼痛性疾患
3
めまい疾患
4
中枢神経感染症
5
てんかん・けいれん発作性疾患
6
末梢神経症
7
不随意運動
8
神経免疫疾患
9
神経変性疾患
10
筋肉疾患
11
認知症
12
脊椎・脊髄疾患

業務内容

主な症状と代表的疾患

急に片側手足が動かない、言葉が出ない、呂律が回らない
原因 脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作
頭痛
原因 筋緊張性頭痛、偏頭痛、くも膜下出血
一般的な意識消失
原因 血管迷走神経性失神、起立性低血圧、てんかん発作
突然手足を振わせ意識がなくなる発作
原因 てんかん発作
はき気を伴う回転性めまい
原因 良性発作性頭位めまい、前庭神経炎、メニエール病
進行性に手足が動かない、歩行が困難
原因 多発神経炎(ギラン・バレー症候群)、多発性筋炎
疲れやすく、物が二重に見える、まぶたが下がる
原因 重症筋無力症
不随意運動(意図しないのに手足が勝手に動く)
原因 本態性振戦、パーキンソン病
徐々に手足の力が弱くなり、筋肉が痩せる(萎縮)
原因 筋ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症
歩行時のふらつきが次第に進行する
原因 脊髄小脳変性症
中高年から生じる著しい物忘れや認識力の低下
原因 アルツハイマー病、血管性認知症

スタッフ一覧表

役職名 氏名 専門分野
神経内科部長 キタムラ タケシ
北村 健
医学博士、神経学会専門医、脳卒中専門医、総合内科専門医、神経学会指導医、内科学会指導医(脳卒中科兼務)、広島大学医学部臨床教授、日本認知症学会専門医・指導医
医長 スギモト タカミチ
杉本 太路
医学博士、神経内科全般、神経免疫、日本神経学会認定神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本頭痛学会認定頭痛専門医、日本認知症学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医
医員 ムグルマ カズキ
六車 一樹
神経内科全般
副医長 コウノ ミチヒロ
河野 通裕
神経内科全般

診療担当表

一般外来診療

診察は毎週(月)から(金)に行なっていて受付時間は午前8時から午前11時までです。
新患、再来診療ともに毎日行なっています。

診察室
1診 北村 北村 杉本 北村 杉本
2診 杉本 河野 六車 六車 河野

脳ドック

神経内科、脳卒中科、脳神経外科、健診部が連携して月曜日と木曜日の午前に行っており、
申し込みは健診センターで受け付けています。

診察室
健診センター
(午前)
北村     六車  
神経内科で可能な臨床検査
神経画像診断
頭部CT、Helical CT検査、核磁気共鳴画像MRI(拡散強調画像、T2*画像、)MRA、脳血流スキャン(SPECT)、脳シンチグラフィー、脳血管造影、 頚動脈ドップラー検査
神経生理機能検査
脳波検査、針筋電図検査、重心動揺検査、眼振検査、末梢神経伝導速度検査、誘発電位検査(BAEPs、SEP、VEP)
高次機能検査
知能検査、失語症検査
神経病理検査
末梢神経生検、筋肉生検、その他:脳脊髄液検査

診療内容

脳血管障害については脳神経外科、リハビリテーション科と連携して診療を行っています。脳梗塞は主に神経内科で、脳出血やくも膜下出血は主に脳神経外科で診療しています。診断後に治療が軌道に乗り、状態が安定した後は積極的にかかりつけ医に逆紹介させていただいています。

アルツハイマー病などの認知症の診断は外来受診で可能です。呉市と周辺地域では独自の認知症パスを用いており、診断後はかかりつけ医と連携を図りながら治療計画を立てています。

サイトマップ

ページ上部へ