診療科・診療支援部門

外科

外科部長 兼 消化器外科部長 先本 秀人

“優しさ”と“自信” それが中国労災病院外科です!

中国労災病院外科では消化器外科・肝胆膵外科・乳腺外科・呼吸器外科・一般外科・外傷外科を柱に、現時点における最高の医療を行うため患者さん中心の医療をモットーとしています。全症例に対してインフォームド.コンセントを重視し、積極的拡大手術からより優しい低侵襲手術まで、それぞれの患者さんに現状で一番適した医療を提供する努力をしています。

業務内容

安全・確実な外科治療法の推進・開発・研究
無駄のない治療を心がける
不必要な検査、投薬、入院期間をできるだけ減らして無駄のない治療を心がけます。クリニカルパス(治療計画書)を用いることで無駄を省き、さらには治療内容が患者さんにわかりやすくなっています。
治療成績向上とQOLへの配慮
治療成績の向上と共に患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)に配慮した外科治療を目指しています。
新しい知見を取り入れる
神経機能温存や乳房温存療法などの新しい知見を取り入れた手術を行っています。
低侵襲治療への取り組み
低侵襲治療としての内視鏡外科治療を消化器や呼吸器を中心に積極的に行っています。
当科における内視鏡手術の対象疾患
消化器外科、肝胆膵外科 食道胃逆流症、胆石症、胃がん、大腸がん、虫垂炎
呼吸器外科 気胸、良性腫瘍、肺がん(肺部分切除、肺区域切除、肺葉切除)、縦隔腫瘍
乳腺外科 乳がん
一般外科 腹壁瘢痕ヘルニア、鼠径ヘルニア
“がん”との戦い
進行がんに対しても積極的な切除、化学療法、放射線療法など他科の専門医と協同で集学的治療を行い治療成績の向上を目指しています。また痛みなどを伴う末期がん患者さんに対しては、当科医師が中心となり、薬剤師、看護師などからなる緩和ケアチームを編成し、患者さんへの症状緩和のお手伝いを積極的に行っています。
積極的な先進医療の導入と教育の充実
国際的レベルの先進医学や先進医療を積極的に取り入れ,スタッフの教育の充実を図っています。国内外学会への参加、内視鏡手術トレーニングシステムの導入、研修センターの充実などで、若手医師の育成をはかり、優秀な人材を輩出しています。 また、学生に対する教育にも力をいれており、広大医学生の外科臨床実習教育機関として認められています。

症例数、治療

2014年の外科の入院患者数は919人、手術件数は648例でした。
当科の手術は、頸部・胸部・腹部に至るまで幅広く行っています。約40%が悪性腫瘍の手術でした。また低侵襲な鏡視下手術件数が年々増加しており、2014年は202件、31.2%の症例に鏡視下手術が行われました。
悪性腫瘍のみならず良性疾患に対しても、エビデンスに基づいた治療を行っています。
手術のみでは対応できない症例に対しては、他科との連携のもと化学療法や放射線治療など集学的治療を積極的に行い、治療成績の向上を目指しています。
また患者さんに一番適した医療の中には治療のみならず、癌に伴う痛みや種々の肉体的、精神的、社会的苦痛を取り除く緩和ケアも行っています。
さらに、救急患者への対応に関しては、地域の中核病院として私たち外科スタッフ一同、地域に密着した24時間救急医療体制の下働いています。
外科における2014年の緊急手術件数は209件と年々増加しています。

手術一覧表 (2011年~2015年)

手術内容 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
甲状腺 6 8 5 8 9
乳腺 悪性 31 43 39 42 45
その他 15 19 19 19 11
悪性 36 40(33) 31(30) 32(30) 41(37)
その他 22 33(31) 32(28) 28(24) 39(32)
縦隔 5 7(6) 7(5) 2(1) 4(4)
食道 悪性 3 3 2 5 0
その他 0 1 0 2 0
胃・十二指腸 悪性 45 57(1) 41(2) 56(7) 48(3)
その他 18 10(2) 9(4) 8(1) 13(6)
小腸・結腸 悪性 63 61(20) 54(14) 78(8) 73(24)
その他 35 28(2) 28 22 21(2)
直腸・肛門 悪性 28 27(8) 17(5) 27(4) 34(3)
その他 12 7 5 13 8
イレウス 29 20 28 18 22(1)
虫垂炎 52 52(39) 47(22) 58(33) 69(26)
肝・胆道 悪性 25 38 29 24(1) 31
その他 89 80(60) 86(55) 82(58) 68(39)
膵臓 悪性 6 5 6 8 12
その他 3 3 2 4 1
副腎 1 0 0 1 0
ヘルニア 82 88 76 95 69
その他 22 18 19 11 28
 総合計 628 648 582 643 646
 (緊急手術) 201 209 199 182 131
 (内視鏡下の手術) 236 202 165 167 177

* ( )内は鏡視下手術の数

5年生存率(外科術後)

原発性肝細胞癌(1990年~2012年12月末)

  5年 10年
全体(n=168 )
68.90%
44.60%
StageⅠ(n=50 )
72.70%
55.50%
StageⅡ(n=80 )
71.80%
45.50%
StageⅢ(n=24 )
62.90%
31.40%
StageⅣA(n=14)
53.10%
26.50%

乳頭部癌(2002年~2012年12月末)

(n=12)50.00%

中下部胆管癌(2002年~2012年12月末)

(n=14)38.30%

膵癌(2002年~2012年12月末)

(n=46)16.9%

大腸癌(他病死を除く)

Stage0(n=12)
100%
StageⅠ(n=59)
100%
StageⅡ(n=141)
86.70%
StageⅢa(n=91)
69.81%
StageⅢb(n=25)
58.82%(4年)
StageⅣ(n=69)
19.43%

*Stage Ⅲbのみ4年生存率

原発性肺癌(2007年4月~2013年6月)

Stage IA(n=72)
82.8%
Stage IB(n=23)
83.0%
Stage IIA(n=14)
90.9%
Stage IIB(n=23)
83.3%
Stage IIIA(n=19)
79.5%
Stage IIIB(n=5)
40.0%

外科 関連ページへ

各診療科の特色や治療内容、外来日などを掲載しています。

スタッフ一覧表

役職名 氏名 専門分野
外科部長 兼
消化器外科部長
サキモト ヒデト
先本 秀人
消化器外科全般、上部消化管、鏡視下手術
外科専門医、日本外科学会指導医、消化器外科専門医、日本消化器外科学会指導医、消化器病専門医、日本がん治療認定機構暫定教育医、消化器がん外科治療認定医、広島大学医学部臨床教授
肝臓・胆のう・膵臓外科部長 フクダ サブロウ
福田 三郎
消化器外科全般、肝胆膵外科
外科専門医、日本外科学会指導医、消化器外科専門医、日本消化器外科学会指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能指導医、消化器がん外科治療認定医
乳腺外科部長 タカハシ マモル
高橋 護
乳癌、乳腺鏡視下手術
日本外科学会認定登録医、日本乳癌学会乳腺認定医、マンモグラフィー読影認定医
医長 エトウ タカアキ
江藤 高陽
呼吸器外科、消化器外科全般、甲状腺
外科専門医、日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本医師会認定産業医、日本肝臓学会肝臓専門医
呼吸器外科部長 フジサキ セイジ
藤﨑 成至
呼吸器外科、鏡視下手術、消化器外科全般
外科専門医、呼吸器外科専門医
医長 ヒラタ ユウゾウ
平田 雄三
消化器外科全般、下部消化管・肛門、鏡視下手術
外科専門医、消化器病専門医、日本消化器病学会指導医
医長 タザワ ヒロフミ
田澤 宏文
消化器外科一般
外科専門医、日本がん治療認定医、日本肝臓学会肝臓専門医
医師 モチヅキ テツヤ
望月 哲矢
外科一般
医師 イマオカ コウキ
今岡 洸輝
外科一般
医師 フクハラ ソウタロウ
福原 宗太朗
外科一般

診療担当表

診察室
午前 1診 平田
(大腸・消化器)
  先本
(胃・食道・
消化器)
  先本
(胃・食道・
消化器)
2診 望月
(外科一般)
藤崎
(胸部・呼吸器)
江藤
(胸部・呼吸器)
田澤
(消化器外科一般)
福田
(肝臓・胆嚢・
膵臓)
3診   高橋
(乳腺)
高橋
(乳腺)
高橋
(乳腺)
今岡
(外科一般)
午後 ストーマ外来
江藤
(要予約)
手術

サイトマップ

ページ上部へ