診療科・診療支援部門

放射線科 / 中央放射線部

放射線科 部長 隅田 ますみ

放射線科は、3つの部門、すなわち種々の病気の画像診断、体に優しい低侵襲性治療、放射線治療などを行っている科です。

対象となる臓器は頭の先から足の先まで全身に及んでいます。熟練した専門の放射線科医師、放射線技師、看護師、事務系職員が一丸となり、患者さんに満足いただけるような診断、治療を目指しています。

また当院は、放射線科専門医修練機関、日本核医学学会専門医教育病院に認定されています。また腹部大動脈瘤のステントグラフト実地施設となっています。

画像診断部門

高速CT、MRIをはじめ種々の画像診断装置が導入されています。患者さんに応じて、種々の画像診断の中から適切なものを選択し、少ない検査で、最も早く診断ができるように心掛けています。また写真の判定も複数の放射線科医により行っており、病気の発見、治療法の決定に貢献しています。また休日、夜間の緊急検査にも常時対応しています。
近隣の医療機関からご紹介いただき、画像診断を受けることも可能です。

低侵襲性治療部門(IVR)

皮膚を大きく切開することなく、カテーテルや針を用いて種々の病気の治療を行っており、手術に匹敵する効果を得ています。皮膚を大きく切らないため、身体への負担は少なく治療後すぐに回復し、入院期間はかなり短くなっています。また当院では血管造影の装置にCTの装置がついた機械が導入されており、精度の高い診断、治療が可能です。

放射線治療部門

放射線治療は、手術、抗がん剤と並ぶがん治療の主要治療のひとつです。手術と同様の局所治療であるものの、体への負担が比較的軽度で、手術と比較して機能、形態の温存が期待できるという特徴があります。最近では、手術と比較してさほど遜色のない治療効果を期待できるがんもあります。全身治療である抗がん剤と組み合わせることで、放射線治療の効果をより高めたり、コンピュータを使用して腫瘍に放射線を集中させる治療も行っています。また、鎮痛薬との併用で、がんによる痛みの治療も可能です。

スタッフ一覧表

役職名 氏名 専門分野
部長 スミダ マスミ
隅田 ますみ
画像診断、放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影指導医、核医学会専門医、PET核医学認定医、肺がんCT検診認定医、日医認定産業医
医長 ハタ リョウイチロウ
秦 良一郎
画像診断、放射線診断専門医、PET核医学認定医、肺がんCT検診認定医
医長 コダマ ヒサユキ
児玉 久幸
画像診断、放射線科専門医
医員 コンドウ ショウタ
近藤 翔太
画像診断、IVR
非常勤医師 ナイトウ アキラ
内藤 晃
日本IVR学会専門医、放射線診断専門医、核医学会専門医

診療担当表

 
画像診断 隅田

児玉
近藤
隅田

児玉
近藤
隅田

児玉
近藤
隅田

児玉
近藤
隅田

児玉
近藤
放射線治療 大学医師     大学医師  

診断・治療機器紹介

単純・透視

単純撮影ではCR(コンピューテッドラジオグラフィ)を用いて骨などのX線撮影を行います。透視撮影では、DR(デジタルラジオグラフィ)を用い、造影剤を利用して検査をしています。

画像診断システム

得られた画像情報は、専門の放射線科医が読影診断し、各科に報告します。画像情報は高度にネットワーク化され、高精細モニターを利用して参照することが出来ます。

CT

最新のマルチスライスCT2台の導入により短時間に高精細な画像を提供することが可能になり、日常の精密検査および緊急検査に威力を発揮しています。

MRI

強い磁石と電磁波を用い人体からの情報を様々な角度の断層像を映し出す装置です。
3.0テスラMRI1台と1.5テスラMRI1台でMRAをはじめ全身の詳しい診断を行っています。

RI

微量なアイソトープ(放射性同位元素)を体内に投与し、臓器に集積したアイソトープから出てくる放射線を信号化し画像にします。

血管撮影

カテーテルから造影剤を流し、脳、心臓、肝臓などの各種臓器内での血管や病変の様子を撮影します。また、細い血管に到達する技術を応用して、動脈内での治療も可能です。

放射線治療

がんや腫瘍などの病巣に放射線を照射して、それらの細胞を死滅させる治療法です。

その他

骨密度測定装置、歯科用パノラマ撮影装置、泌尿器科用DR装置、結石破砕装置(ESWL)を装備しております。

サイトマップ

ページ上部へ