診療科・診療支援部門

代謝内分泌科

代謝内分泌科 医長 宮内 晃

代謝内分泌科では、種々の代謝異常やホルモンの異常を来たす疾患の診療をしています。

具体的に疾患名を挙げますと、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、バセドウ病、クッシング症候群などです。人の体は、代謝やホルモンが正常に働いていると調子良く感じられます。しかし、これらのバランスが失われると、様々な症状が現れてきます。なかには、なかなか症状が出ず、発症してかなりの時間がたってから症状が出てくることもあります。このような場合、重篤な臓器障害を惹き起こしてしまっていることも少なくありません。

当科では、種々の代謝内分泌疾患の合併症を予防する治療の実践もしております。糖尿病教室を始め、各種食事指導などを外来で受けられます。糖尿病の学習を中心とした短期入院も可能です。是非ご利用ください。

代謝内分泌科 関連ページへ

  • 糖尿病友の会

業務内容

外来診療と入院治療、また短期の糖尿病教育入院システムがあります。
当科では最先端の知識を活用し的確な医療を実践しています。
また当科では特に糖尿病教育にも重点をおいて2名の代謝内分泌科医師と8名の糖尿病療養指導士を中心にきめ細かい指導を行っております。

糖尿病教室

内容 担当 場所 日時
第1回 糖尿病とは(症状・診断) 医師 2F栄養指導室 毎月 月曜、金曜
午後2時から3時
第2回 糖尿病とは(検査・自己管理) 検査技師
第3回 糖尿病とは(合併症・治療) 医師
第4回 日常生活の注意点 看護師
第5回 薬物療法 薬剤師
第6回 運動療法 理学療法士
第7回 食事療法 栄養士

フットケア外来(毎週木曜日 予約制)

スタッフ一覧表

役職名 氏名 専門分野
代謝内分泌科医長 ミヤウチ アキラ
宮内 晃
代謝・内分泌、糖尿病、甲状腺疾患
日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本糖尿病学会指導医、専門医
医師 オオタガキ ユタカ
大田垣 裕
代謝・内分泌

診療担当表

診察室
9診 宮内 宮内 宮内 大田垣 宮内
10診 大田垣        

サイトマップ

ページ上部へ